債務整理とおまとめローンはどちらがいいの?

いくつかの消費者金融から借金をしてしまうと、各金融機関ごとに金利が違うため、毎月の借金返済の管理がしづらくなります。そこで、借金の返済先を1本にまとめる方法として代表的なのが、弁護士による債務整理と金融機関によるおまとめローンです。それぞれどんな違いがあるのかお話しします。

借金返済はどっちがいい?債務整理とおまとめローンを比較

債務整理は、弁護士のサポートの元、あなたの借金の完済を目指す手続きです。債務整理には、金利と遅延金をカットして借金を減額する任意整理、一定の収入があるという条件で借入額自体を5分の1程度まで減額する個人再生、借金が0になる自己破産などがあります。

債務整理をすると、弁護士が窓口となって借入先からの返済催促の連絡に対応してくれるため、あなたの借入れ状況と収入に合わせた返済計画を立てることができます。また、個人再生と自己破産は裁判所に認めてもらうことで手続きができるため、より強い効力を持った状況下で借金と向き合うことができます。

しかし、債務整理をすると、信用情報機関、いわゆるブラックリストに一定期間載ってしまうため、住宅ローンや自動車ローンを組めない可能性があります。自己破産に限っては、場合によっては就けない職業が出てくるかもしれません。また、弁護士に依頼するため、弁護士費用がかかるという懸念点もあります。

一方、おまとめローンとは、借入先を1社にまとめることをいいます。例えば、5社の消費者金融から合計400万円の借金をした場合に、より低い金利の金融機関から400万円を借りて、5社に400万円を返済、借入先を1社にまとめて400万円返済していくという流れです。

おまとめローンの良い点は、借入先を1社にまとめられることと、元々借金していた会社よりも低い金利の金融機関へ返済することで、金利が軽減されることです。

しかし、おまとめローンはただ単に借金を1社にまとめただけなので、借金0に向かって前進したというわけではありません。元々借金した消費者金融の過払い金も軽減されません。

債務整理とおまとめローンを比較すると、弁護士費用がかかる代わりに借金完済に向かうことができる債務整理に対して、おまとめローンは借金を1本にまとめて自分だけでも管理しやすくするといった良さがあると言えるでしょう。借金がごく少額で、なおかつあなた自身が金銭感覚をしっかりと持っている方ならおまとめローンでも問題ないですが、そうじゃない場合の借金のケースは弁護士のサポートの元で債務整理の手続きをすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です