債務整理後に延滞してしまうリスクと解決法

任意整理や個人再生といった債務整理は減額してもらった借金の返済が必要ですが、滞納してしまう人もいないわけではありません。

ここでは、債務整理後に滞納するとどんなリスクがあるのか、リスクを避けるためにはどんな方法があるのかを説明していきます。

債務整理後に延滞するリスク

任意整理の後に支払いができず延滞となってしまった場合、遅延損害金が発生します。遅延損害金とはレンタルDVDの延滞金のようなもので、借金の場合は追加で利息を払う感じで支払うことになります。

延滞が続くと、一括払いでの返済を請求されます。それでも延滞を放置しておくと、裁判で訴えられて最終的に差し押さえを受けることになります。

また、個人再生で延滞が続くと、最終的には個人再生での借金減額が取消しになります。

債務整理後の滞納についての対策

ここまで読んで、債務整理後は延滞を放置すると危険なこと、できるだけ早く手を打つ必要があることをお分かりいただけたと思います。

債務整理後に延滞した場合や延滞が発生しそうな場合は、取れる対処法がいくつかあります。

任意整理の場合、滞納が許されるのは1カ月分までであることが多いです。1回支払いを延滞してしまったら、次の回までに2カ月分の返済を行って延滞を解消すれば、一括返済や差し押さえを避けることができます。

2カ月分以上延滞して一括請求を受けた場合でも、再度任意整理をすることで再び分割払いにしてもらえる可能性はあります。ただし、返済条件がもっと厳しくなるおそれはあります。

なお、任意整理後にどうしても返済がつらくなった場合は、個人再生や自己破産に移行することも可能です。

個人再生後に支払いが厳しくなった場合、裁判所に申請すれば返済期間を最大5年まで延長してもらえます。

もし、病気や失業などで収入を得る見込みがなくなってしまったら、個人再生後でも自己破産を行うことは可能です。

まとめ

債務整理後の延滞を放置すると、任意整理では遅延損害金が発生する、一括での返済を求められる、差し押さえを受けるといったリスクが発生します。

ただ、1回延滞してしまっても、次の支払いで2回分返済して延滞を解消すれば大丈夫です。

もしそれがつらい場合は、個人再生や自己破産に移行することもできます。

個人再生では、滞納が続くと個人再生による借金減額が取消しになってしまいます。

裁判所に申請して返済期間を最大5年まで延長してもらうことができますが、それでもつらい場合は自己破産に切り替えることも可能です。