債務整理のデメリットとは?

債務整理には、利息や遅延金を下げる任意整理、借金の額を5分の1程度カットする個人再生、借金を0にする自己破産があります。借入先から返済の催促が来なくなって余裕を持って借金と向き合えたり、借金が減額されるなどのメリットがありますが、もちろん、良いことばかりではありません。今回は、債務整理のデメリットについてお話しします。

債務整理をしたときのデメリット3つ

1つ目のデメリットとして、債務整理をすると、任意整理、個人再生、自己破産問わず、一定の機関、信用情報機関にあなたの情報が登録されてしまいます。これが俗に言うブラックリストというものです。ブラックリストに登録されると、任意整理なら5年程度、個人再生と自己破産なら5 ~ 10年程度登録情報が残ってしまいます。

ブラックリストに登録されても基本的には困ることはありませんが、ローンを組むときにはあなたの返済能力の審査をするため、信用情報を照会されます。少額のローンならば普通にローンを組めることもありますが、例えば住宅ローンや自動車ローンのような、大きな額のローンは組めないものと思っておいてください。住宅ローンや自動車ローンのような多額のローンを組みたいときは、債務整理から5年以上経ってからにしましょう。

2つ目のデメリットは、個人再生や自己破産をした人は官報という国の広報誌のようなものに名前と住所が載ってしまいます。一般の方が官報を見ることはなかなか無いでしょうが、この官報を見て悪徳な消費者金融業者が連絡してくることはあります。ちなみに、任意整理は官報に載りません。

3つ目のデメリットは、自己破産をした場合に限り、ブラックリスト入りしていると、就けない職業があるということです。例えば、保険屋さんや警備員に就くことができません。また、有限会社で取締役などをしている場合は一旦退任しなくてはなりません。ただし、退いてから、またすぐに取締役に就任することができます。ちなみに、任意整理と個人再生は含まれません。

以上のようなデメリットを踏まえて、債務整理をするかどうかの判断をする必要があります。債務整理をすると、借金をした際の保証人に返済の請求が行くなど少なからず影響があるため、必ず保証人の方に相談してから債務整理を決断しましょう。

あなたの借金が明らかに返済できないような額だったり、収入に対して借金の額が多すぎる場合には個人再生や自己破産をする必要がありますが、少額の借金の場合は、なるべく任意整理までに留めておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です