債務整理するとクレジットカードはどうなる?

クレジットカードを日常的に使っている人にとって、債務整理するとクレジットカードがどうなるのかは気になるところでしょう。

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠の両方が債務整理可能です。

債務整理後はクレジットカードが使えなくなりますが、対策を取ることで不便さを抑えることができます。

クレジットカードは債務整理できる

クレジットカードには、買い物やサービスの支払いに使えるショッピング枠と、直接お金を借りられるキャッシング枠とがありますが、ショッピング枠とキャッシング枠のどちらも債務整理することが可能です。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といったものがありますが、どの種類の債務整理でもクレジットカードの支払いや借金を整理できます。

債務整理後はクレジットカードが使えなくなる

どの種類の債務整理を選んでも、債務整理後はクレジットカードが使えなくなります。

債務整理をすると信用情報機関という機関に情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。すると、クレジットカードの利用や新規作成ができないなど、信用が必要な取引に制限を受けます。

信用情報機関の情報は債務整理の対象にした会社以外の会社も見ることができるので、どの会社でも制限を受けることに変わりはありません。

ブラックリストに載る期間は、任意整理なら約5年間、個人再生や自己破産なら約5~10年間です。この期間が明ければ再びクレジットカードを使えるようになります。

債務整理後クレジットカードが使えない間の対策

債務整理でクレジットカードが利用停止になると、電気代やスマホ代などの月額料金の支払いが滞ってしまいます。支払方法を口座引落やコンビニ払いなどに変えておくとよいでしょう。

また、デビットカードやプリペイドカードを用意しておくと、インターネット上での決済などクレジットカードが必要だったところで代用することが可能です。

まとめ

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、どちらも債務整理することが可能です。

債務整理後はブラックリストに載るため、どの会社でもクレジットカードは利用・作成ができなくなります。ブラックリストに載る期間は任意整理だと約5年、個人再生や自己破産だと約5~10年で、その後はまたクレジットカードが使えるようになります。