債務整理すると自動車ローンはどうなる?

債務整理を検討している人の中には、自動車ローンが完済前の人も多くいるでしょう。

この記事では、債務整理の種類ごとに、完済前の自動車ローンがどうなるのかや、自動車ローン完済後の車がどうなるのか、債務整理後は自動車ローンを組めるのかについて説明します。

自動車ローンを債務整理すると車はどうなる?

自動車ローンがある人が債務整理した場合に車がどうなるのかは、債務整理の種類によって違います。

任意整理の場合は整理の対象に含める借金を自由に選べるので、自動車ローンを対象から外せば車には何の影響も出ません。

個人再生や自己破産の場合、自動車ローンが残っている人だと必ず自動車ローンが整理されるため、ローン会社に車を引き揚げられてしまいます。

自動車ローンが完済している車は債務整理でどうなる?

自動車ローンが完済している場合、任意整理では車に何の影響も出ません。

個人再生の場合は車の価値が重要になります。査定額が20万円以上の場合は財産とみなされるため、借金の元本は車を含めた財産の総額までしか減額してもらえません。150万円の車を持っている人なら、返済額が150万円未満になることはないということです。

自己破産の場合、車の査定額が20万円を超えるなら財産とみなされ、売却処分の対象になります。査定額が20万円以下なら、財産扱いにはならないので影響がありません。

債務整理後は自動車ローンが組めない期間がある

債務整理をすると、信用情報機関に情報が登録されて自動車ローンを組むなど信用が必要な取引が一部できなくなります。いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態です。

ブラックリストで自動車ローンを組めなくなるのは債務整理をした本人だけであり、家族が自動車ローンを組むぶんには何の問題もありません。

任意整理でブラックリストに載る約5年間や個人再生・自己破産でブラックリストに載る約5~10年間のうちに自動車ローンを組む必要があったら、家族の名義で組んでもらうとよいでしょう。

まとめ

完済前の自動車ローンを債務整理の対象に含めると、ローン会社に車が引き揚げられてしまいます。任意整理では自動車ローンを対象から外すことができますが、個人再生や自己破産では必ず整理の対象に含まれるので注意が必要です。

ローン完済後の車の場合、任意整理では何の影響もありませんが、個人再生や自己破産では査定額が20万円を超えると財産扱いになります。

債務整理後はブラックリストに載るため自動車ローンが一定期間組めなくなります。その場合でも、家族の名義で自動車ローンを組んでもらうことは可能です。