債務整理するとブラックリスト?

債務整理をすると、一定期間いわゆる「ブラックリスト」状態になり、クレジットカードが使えないなどいくつかの制限を受けます。

ブラックリスト期間は債務整理の種類によって長さが違います。

ブラックリストとは?

債務整理をすると、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されるのですが、このことを「ブラックリストに載る」と言ったりします。

信用情報機関に情報が登録されると、加盟している他の会社もその情報を見られるようになるため、どの会社でも信用が必要な取引にいくつかの制限を受けることになります。

制限を受ける取引としては、以下のようなものがあります。

・クレジットカードの利用や作成

・ローンやキャッシングなどでの借金

・借金の保証人になること

・分割払いで支払いをすること

制限を受ける期間

ブラックリスト期間は債務整理の手続きによって長さが異なり、任意整理の場合は約5年間、個人再生や自己破産の場合は約5~10年間が目安となっています。

ただし、ブラックリストが解除されても通知が来たりすることはないため、住宅ローンを組みたいなどブラックリストの状態を確認したい場合は、信用情報機関に「信用情報の開示請求」をする必要があります。

信用情報機関には、JICCCICJBAKSC)の3つがあり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBAは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けていますので、各信用情報機関のウェブサイトなどを見て開示請求を行ってください。

 

まとめ

・債務整理後はクレジットカードの利用などができなくなるブラックリスト期間がある

・ブラックリスト期間は任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510