債務整理は結婚前にしたほうがいい!2つの理由を解説

結婚する予定の人の中には、借金があってどうしたらいいのかわからず困っているという人も少なからずいると思います。

借金問題は債務整理を行って解決することができますが、「債務整理をすると結婚相手に迷惑がかかるのではないか」と心配してしまう人は多いです。

債務整理は結婚前に行ったほうがいいのですが、その理由は2つあります。

結婚前に債務整理をしても相手はデメリットを受けない

結婚相手はこれから人生を共にする大切なパートナーですから、「借金や債務整理のことで迷惑をかけたくない」と思うのは自然なことです。

実は、結婚前であれば相手に迷惑がかかるケースはたった一つだけ。

それは、結婚相手があなたの借金の保証人になっている場合に個人再生や自己破産を行った場合です。

この場合のみ、結婚相手に借金の残高が一括払いで請求されるという大きな迷惑をかけてしまうことになります。

しかし、これ以外のケースでは結婚相手への影響は全くありません。

ブラックリストに載ってクレジットカードやローンが使えなくなるのは本人だけですし、結婚相手の財産には何の影響もないのです。

債務整理せず結婚生活に借金を持ち込むと苦労する

逆に、債務整理をためらったまま結婚してしまった場合は、夫婦として生計を共にしているとみなされるようになるため、結婚相手にも借金の影響が及ぶことになります。

まず、返済の負担によって家計が圧迫されるおそれがあります。

また、借金を滞納したまま放置すると督促が来るだけでなく、裁判に訴えられたり、最終的には給料の差し押さえを受けたりします。

差し押さえを防ぐために結婚後に債務整理をすると、家や車などが結婚相手と共有の財産となっている場合などに結婚相手が困ることになります。

さらに、早めに債務整理をした場合よりもデメリットや費用の大きい手続きを選ばざるを得なくなるというケースもよくあります。

このような理由から、債務整理をするなら早い方がいいといえるのです。

まとめ

結婚前で生計が別の状態であれば、債務整理によって結婚相手に影響が及ぶことはほとんどありません。

ただし、結婚相手があなたの借金の保証人になっている場合に個人再生や自己破産を行うと、結婚相手に一括払いで借金の残高が請求されるので注意してください。

なお、債務整理をせずに借金を抱えたまま結婚した場合は、返済の負担によって家計が圧迫されるなど、結婚相手に迷惑がかかるおそれがあります。

結婚後に債務整理をすると共有の財産が処分されて結婚相手に迷惑がかかるなど、結婚前よりも債務整理のデメリットが増えてしまうので気を付けてください。