債務整理すると結婚に影響はある?手続きの種類ごとに解説!

借金を抱えながらも結婚したいと考えている人にとって、債務整理すると結婚にどんな影響があるのかは気になるところですよね。

「債務整理すると結婚できない」という決まりはありませんが、債務整理にはいくつかデメリットがあり、結婚生活に影響が出る可能性はあります。

債務整理後すると結婚に影響はある?

債務整理をすると結婚できなくなるという法的な根拠はないので、債務整理後であっても結婚すること自体には何の問題もありません

ただし、債務整理には手続きの種類に応じてデメリットがあり、結婚生活に影響が出るものもあります。

任意整理

任意整理のデメリットは、約5年間ブラックリスト状態になり、クレジットカードが使えない、ローンやキャッシングなどで借金ができない、分割払いができない、借金の保証人になれない、一部の家賃保証会社が利用しづらくなる、ということのみです。

家や車をローンで買おうとしている場合や、二人で賃貸住宅に引っ越そうとしている場合は若干の影響を受けますが、他の債務整理よりも影響は小さいといえます。

個人再生

個人再生のデメリットは、約510年間ブラックリストによる制限を受けることと、借金の保証人に迷惑がかかること、ローン完済前の車が回収されることです。

個人再生は裁判所を通す手続きなので、すべての借金を整理しなければならないという決まりがあります。

保証人付きの借金や完済前の自動車ローンも例外ではないので、結婚相手が保証人になっている借金があると結婚相手に請求がいきますし、結婚相手と共同で使っている車が使えなくなる可能性もあります。

自己破産

自己破産をすると、個人再生のデメリットに加えて、財産が処分されるという大きなデメリットを受けることになります。

持ち家も財産とみなされて処分されるので、結婚してマイホームに住むようになってから自己破産すると結婚相手の生活にも大きな影響が出てしまいます。

まとめ

債務整理をすると結婚できないという決まりはありませんが、債務整理は手続きの種類によってデメリットがあるので、結婚生活に影響が出る可能性はあります。

任意整理ではクレジットカードが使えない、ローンが組めないなどの影響しかありませんが、個人再生では保証人に迷惑がかかったりローン完済前の車が回収されてしまったりする場合がありますし、自己破産では持ち家が処分されるというデメリットもあります。

結婚前に債務整理を済ませてしまえば結婚相手が影響を受けることも避けられますので、借金を抱えながら結婚を考えている人は早めに債務整理で解決してしまうことをおすすめします。