個人再生や自己破産をすると車は失う?

個人再生や自己破産は裁判所を通して行う債務整理なので、任意整理のように車ローンを対象から外すということができません。

個人再生すると車はどうなる?

個人再生の場合、車がどうなるかは車ローンの種類によって変わります。

一般的な車ローンでは「所有権留保」といって、ローンを完済するまでは車の所有権がローン会社にある、という条件になっていることがほとんどです。

所有権留保が付いている車ローンが個人再生で整理された場合、車はローン会社のものとなり、回収されてしまいます。

一方、安い中古車をローンで買った場合や、銀行で車ローンを組んだ場合など、所有権留保がない車ローンもあります。

所有権留保がなければ、車ローンが整理されても車があなたの所有物であることに変わりはないので、車を手元に残しておけます。 

車の所有権がどうなっているかは、ローンを組んだ会社やローンの内容によって異なりますので、個人再生をする前に車ローンの条件をよく確認しておきましょう。

また、車を残せる場合でも、査定額によっては車が財産とみなされるため、個人再生で減額される借金額に影響が出ることがあります。

個人再生では、「法律で定められた返済額の基準」と「持っている財産をお金に替えたときの金額」という2つの基準のうち、高い方が返済額となります。 

例えば、300万円の借金がある人の場合、法律で定められた返済額の基準は100万円です。

財産が何もない人や、財産の金額を合計しても100万円以下になる人の場合は、返済額は100万円です。

しかし、車がある人の場合は車も財産の一つとみなされますので、車の査定額が100万円以上なら、車の査定額が返済額となります。

例えば、車に80万円の価値しかなければ返済額は100万円のままですが、車の価値が150万円なら150万円を返済しなければならない、といった具合です。

このように、法律で定められた返済額の基準より車の査定額のほうが高い場合は、車の査定額である金額は必ず返済しなければならないので、その点は注意してください。

自己破産すると車はどうなる?

自己破産では20万円を超える価値がある財産はすべて売却処分され、お金を借りた会社への配当として配られます。

つまり、車の価値が20万円を超える場合は財産として売却処分されるので、車を残すことはできません。

また、所有権留保が付いている車ローンが完済前の場合は、車の価値が20万円以下であっても、車ローンが整理されることで車がローン会社に回収されてしまいます。

まとめると、自己破産で車を残すことができるのは、車の価値が20万円以下で、所有権留保が付いていない車ローンの場合のみということになります。

 

まとめ

 

・個人再生や自己破産では車ローンが整理されるので車を失うことが多い

・車ローンに所有権留保が付いていない場合は車を残せることもある

・自己破産で車を残せるのは、査定額が20万円以下で所有権留保がない場合のみ