債務整理すると口座凍結される!解除までの3つの対策

自動車ローンやカードローンなど銀行からの借金がある人が債務整理をすると、口座凍結を受けることになります。

口座凍結は一定の期間が経てば解除されますが、事前に対策をとっておかないと金銭面で困ることになります。

債務整理で口座凍結される前にとっておきたい3つの対策

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、お金を借りた会社に債務整理が始まることを知らせる「受任通知」が送られます。

銀行が受任通知を受け取ると、その銀行の口座はすべて口座凍結され、預金の引き出しや引き落としができなくなったり、残高が借金と相殺されたりします。

そのための対策として、債務整理を依頼する前に銀行口座の預金はすべて引き出しておきましょう

また、口座が家賃やスマホ代、クレジットカードなどの引落口座となっている場合は、別の銀行の口座を指定しておきましょう。

口座が給料や年金などの振込口座となっている場合も、別の銀行の口座に変更する手続きを取って下さい。

なお、債務整理による口座凍結が解除されるには通常なら12カ月程度かかりますが、口座凍結中でも他の銀行の口座なら問題なく開設できます。

債務整理で口座凍結されたくない場合の対策

個人再生や自己破産は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、銀行からの借金がある人が個人再生や自己破産をすると、銀行からの借金が整理されて口座凍結を受けてしまいます。

一方、任意整理は私的な交渉なので整理の対象とする借金を自由に選ぶことができます。

そのため、銀行からの借金を除いて任意整理をすれば口座凍結されずに借金を減額してもらえます。

なお、任意整理では利息や遅延損害金を0円にしてもらい、元本を60回払い程度で返済することになります。

元本を60で割った金額を毎月返済していける収入があれば任意整理は可能ですので、検討してみてください。

まとめ

債務整理による口座凍結の対策としては、あらかじめ預金をすべて引き出しておくこと、支払いの引落口座や給料などの振込口座を別の銀行の口座に変更しておくこと、といったものがあります。

また、債務整理による口座凍結そのものを防ぐための対策としては、銀行からの借金を除いて任意整理を行うという方法があります。