債務整理すると家族カードも使えなくなる?2つのポイントで解説

債務整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなるというデメリットはよく知られていますが、家族カードはどうなるのかということまでは知らないという人も多いと思います。

ここでは、債務整理することによって家族カードはどうなるのかに加えて、債務整理後は家族カードを持つことができるのかを説明していきます。

債務整理すると家族カードはどうなる?

家族カードとはクレジットカードを親カードとして子どもなどの家族に向けて発行できるカードで、家族カードの代金はすべて親カードの口座から引き落とされます。

債務整理をすると信用情報に傷が付いてクレジットカードが使えなくなりますが、使っていたのが家族カードの場合は債務整理後でもそのまま使い続けられることが多いです

一方、親カードの持ち主が債務整理をした場合は、ブラックリストに載って親カードが使えなくなるのと同時に家族カードも使用できなくなります

債務整理した人でも家族カードなら持てる

債務整理をした後は、任意整理なら約5年間、個人再生や自己破産なら約510年間、ブラックリストに載ってクレジットカードが作れなくなります。

しかし、家族のクレジットカードを親カードとして家族カードを発行してもらえば、債務整理後の人でもクレジットカードを持てる可能性はあります

ただし、カード会社によっては家族カードであっても審査に落ちてしまうことがあるので、その場合はデビットカードやプリペイドカードをクレジットカードの代わりとして使うことも検討するとよいでしょう。

デビットカードは支払いをするとすぐに代金が引き落とされるカードで、プリペイドカードはあらかじめチャージしておいた金額を支払いに使えるカードです。

どちらもVISAJCBといったブランドのものがあるので、クレジットカードと似た使用感で使うことができ、使い過ぎも防げますのでおすすめです。

まとめ

使用していたカードが家族カードの場合は、債務整理をしてもそのまま使い続けられる可能性があります。

一方、親カードの持ち主が債務整理をした場合は、家族カードもすべて使えなくなります。

債務整理後であっても家族カードであれば発行してもらえる可能性は高いですが、カード会社によっては審査に落ちることもあります。

その場合はデビットカードやプリペイドカードを使うことも検討するとよいでしょう。