債務整理すると信用情報はどうなる?確認する方法は?

「債務整理をすると信用情報に傷がつく」という話はよく知られていますが、信用情報に傷がつくとどうなるか、いつまでその状態が続くのか、信用情報を確認する方法はあるのか、といったことは知らない人も多いかもしれません。

ここでは、信用情報に傷がついているときの制限や、信用情報の確認方法について説明していきます。

債務整理すると信用情報に傷がついて制限を受ける

債務整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に債務整理の情報が登録され、「ブラックリスト」と呼ばれる、信用情報に傷がついた状態となります。

信用情報とは、お金を貸す事業を行っている会社が相手の返済能力を確認するために利用している情報のことで、クレジットカードの利用状況や携帯電話代などの滞納状況、債務整理の状況といった情報が含まれます。

債務整理の情報が登録されて信用情報に傷がつくと、信用が必要な取引に以下のような制限を受けます。

・クレジットカードの利用や作成ができない

・ローンやキャッシングなどの借金ができない

・借金の保証人になれない

・スマホなどを分割払いで買えない

・信販系の家賃保証会社が利用しづらくなる

制限を受ける期間は任意整理が約5年、個人再生や自己破産が約5~10年で、この期間が過ぎれば信用情報機関に登録された債務整理の情報が削除され、元通り制限のない状態になります。

債務整理後に信用情報を確認する方法

信用情報機関から債務整理の情報が削除されても、特に通知などが来るわけではありません。

そのため、本当にブラックリストが解除されたかどうか確認するには、信用情報機関に「信用情報の開示請求」をする必要があります。

信用情報機関には「JICC」「CIC」「JBA(KSC)」3つがあり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBAは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けているので、5001000円の手数料を支払えば信用情報を確認できるのです。

住宅ローンの申し込み前など、信用情報に傷がついていないことを確実にチェックしたい場合は、信用情報の開示請求をすることをおすすめします。

まとめ

債務整理をすると信用情報機関に債務整理の情報が登録され、信用情報に傷がついた状態になります。

信用情報に傷がついている間は、クレジットカードの利用や借金、分割払いなど、信用が必要な取引に制限がかかります。

信用情報機関に登録された債務整理の情報は、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年で削除されますが、特に通知などは来ません。

そのため、信用情報を確認したい場合は、信用情報機関であるJICCCICJBAに信用情報の開示請求をする必要があります。