債務整理後にカーローンが組める2つの方法

「債務整理するとブラックリストに載るのでカーローンが組めなくなる」という情報は広く知られていますが、一度債務整理をした人は絶対にカーローンが組めないというわけではありません。

ここでは、債務整理後にカーローンが組めなくなる仕組みを説明したうえで、債務整理後にカーローンを組むための2つの方法を紹介します。

債務整理後にカーローンが組めなくなる仕組み

債務整理をすると、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて「ブラックリスト」とよばれる状態になります。

カーローンを提供している銀行やローン会社も信用情報機関に加盟しているので、登録されている情報を見ることができます。

ブラックリスト中にカーローンの審査を受けたとしても、「この人は借金を返せずに債務整理をした」という情報が信用情報機関から銀行やローン会社に伝わるので、審査に落ちる可能性が極めて高くなります

債務整理後にカーローンを組むための2つの方法

ブラックリストは一生続くものではなく、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510が経過すると解除されます。

債務整理後にカーローンを組むなら、この期間が過ぎてから申し込むようにしましょう。

なお、ブラックリストが解除されても特に通知は来ないので、ブラックリストが解除されたかどうかを確実に知るには信用情報機関に問い合わせをする必要があります。

信用情報機関にはJICCCICJBAKSC)の3種類があり、JBAは郵送のみ、JICCCICはインターネット・郵送・窓口で信用情報の開示をしてくれますので、確実にカーローンの審査を通したい場合は利用しましょう。

また、カーローンの頭金を十分に用意できる場合はブラックリスト中でも審査に通る可能性がありますので、ローン会社などと相談してみるのも手です。

まとめ

債務整理をすると信用情報機関に情報が登録されてブラックリスト状態になるので、カーローンの審査に落ちてしまいます。

ブラックリストは任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年で解除されるので、それを待ってからカーローンを申し込むとよいでしょう。

確実に審査を通したい場合は、信用情報機関に信用情報の開示請求をしましょう。

なお、カーローンの頭金を十分に用意できる場合は、ブラックリストが解除されていなくても審査に通る可能性があります。