債務整理のデメリットとは?3つのデメリットを正しく把握

多額の借金を抱えて債務整理を検討している人の中には、デメリットが気になって債務整理に踏み切れない、という人も少なからずいると思います。

債務整理のデメリットは主に3つで、債務整理の種類によってデメリットが異なるので、デメリットを正しく把握して自分に最も合った債務整理を選ぶことが大切です。

債務整理に共通のデメリットは「ブラックリスト」

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、どの債務整理を選んでもブラックリストによるデメリットは受けることになります。

債務整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されるのですが、この状態は一般的に「ブラックリスト」と呼ばれています。

ブラックリストになると、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングでの借金、分割払いでスマホなどを買うこと、借金の保証人になること、信販系の家賃保証会社を利用することができなくなります。

ブラックリストは任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年で解除されます。

裁判所を通す債務整理は保証人に迷惑がかかるというデメリットに注意

個人再生や自己破産といった裁判所を通す債務整理では、すべての借金を同じように整理しなければならないというルールが厳しく適用されます。

そのため、保証人付きの借金がある状態で個人再生や自己破産をすると、保証人に借金の残高が一括払いで請求されて大きな迷惑をかけることになってしまいます。

債務整理の中でも自己破産だけは就業制限というデメリットがある

債務整理の中でも、自己破産では手続き中に特定の職業に就けなくなるというデメリットがあります。

自己破産の手続き中に就けなくなる職業には、弁護士・会計士などの士業、金融業、建設業、風俗業、警備員などがあります。

自己破産の手続きが完了すると就業制限は解除され、元のように仕事をすることができるようになります。

まとめ

債務整理に共通のデメリットとしてはブラックリストに載るという点があり、クレジットカードの利用停止などの制限を受けます。

また、個人再生や自己破産は裁判所を通す債務整理であるため、保証人付きの借金がある状態で行うと保証人に借金の残高が一括請求されるというデメリットがあります。

さらに、自己破産では手続期間中のみ特定の職業に就けなくなるというデメリットも受けることになります。

千葉で債務整理なら相談無料の弁護士へ